1. HOME
  2. ブログ
  3. 創業期のWEBサイトについて

創業期のWEBサイトについて

創業にいたってWEBサイトが必要?

BFINDでは創業サポートの場合は”基本的にWEBサイトあったほうがいいですよ!” とご説明しております

WEBサイトをプロに依頼して作るときってどんな時でしょうか?
基本的にはなにか事業や団体・サークル・活動を広めたい時だと思います。
弊社のお客様の大多数も創業期からお付き合いのあるお客様です。

・事業をはじめてすぐの場合は広めて集客をしたい時など、
・まだお客様がいないもしくは、その事業の認知をしていないという場合はSNSで広める時や広告を出す時にもWEBサイトが有効になります!

WEBさえあれば集客できるの?

WEBサイトはただ設置しただけではなんの効果もありません。
どれだけ事細かく御社の事業内容を書いても、基本的には意味がないです。
創業期にどれだけSEOを頑張ってもBIGワードで小規模ビジネスが検索上位になることはありません。
すなわち、ホームページを設置しても完璧な集客はできません。

じゃーどうやって集客するの?

WEBサイトでの集客方法は主に2つあります。
・「オーガニック流入」
・「広告流入」

オーガニック流入とはSEOや検索キーワードなどに最適な強化を施し、GOOGLEなどの検索で上位に表示された結果、ユーザーがホームページにたどり着いて御社に問い合わせや発注が入る事。

広告流入とは、SNSでの広告やGoogleのリスティング・ターゲッティング広告などを使用し、一人のアクセスに対して”お金 or 時間”などのコストをかけてアクセスを獲得し、その顧客が問い合わせや発注を行う事です。

どちらが良いの?

一概にどちらが良いとは言えません。
基本的にはお金をかけないオーガニック流入を目指したいですが、
WEBを作った初期からオーガニック流入を期待するのは不可能なので、
まずは広告やSNSからの流入を増やしてアクセス数を稼ぎましょう。
アクセスが多いサイトになると徐々に検索ランキングでも上昇するので、
徐々にオーガニック流入が見込めるようになります。

ホームページ制作の費用

次回別記事で詳しく説明いたしますが、
フリーランスに依頼するか企業に依頼するかによって大きく違います。
基本的には企業サイトで70万円〜100万円程度である事がおおいです。


関連記事